漢方薬について

当院は、広島でも数少ない「漢方内科」を標榜しています。

漢方薬について

「漢方薬」は中国由来の伝承医学における薬物療法で、さまざまな天然の植物・鉱物・動物由来の生薬を配合して構成されています。

漢方薬の運用は、いわゆる経験則的な民間療法ではなく、東洋医学的な診断方や理論により、患者さん一人ひとりの体質に合ったお薬を選びます。

病気の程度や原因によっては、長期にわたる服薬が必要となることもありますが、急性に生じた症状については、即効性の期待できるものもあります。

慢性疾患では概ね1-2週間程の服用で身体の反応を見て、処方の継続か追加・変更を検討しています。さらに長期に亘っては、体質の変化に応じて処方が変更されますので、定期的な診察が必要です。

漢方薬は自然で安心というイメージがありますが副作用がないわけではありません。漢方薬の知識を持った医師が病態を把握した上で処方することが望ましいのです。

当院では、漢方診療を保険で行っておりますので、漢方の煎じ薬もエキス剤も健康保険が適応されます。

こんな症状のある方は、ぜひお問い合わせください

最近では、がんの治療を受けている、もしくは過去に受けていて、症状緩和や免疫力の改善を目的に受診される方が増えています

  • 更年期障害(特に女性)
  • 冷え性、むくみやすい。
  • イライラや不安感がある。
  • のぼせ、ほてりがある。
  • 抗がん剤を使っており、副作用(吐き気、だるさ、やる気がない、など)がある。
  • がんの手術後で副作用(吐き気、だるさ、何事もやる気がない、など)がある。
  • 関節リウマチや膠原病と診断された方
  • 貧血(めまい、食欲不振、疲れやすい、などの症状がある)
  • 不眠症(夜に熟睡できない)
  • 胃腸に関する悩み(胃腸炎など)

※漢方で効用が認められる症状の一例です。漢方は、個人により効果に差がありますので、必ず医師に相談してください。

ページトップへ

Copyright(c) 白島クリニック. All Rights Reserved.